オルリスタットでスリムに変身

朝カレーの効果とオルリスタットとオキシレックス

朝カレーを食べるメリットは、新陳代謝を高めることです。カレーには様々なスパイスが含まれているので、その刺激によって交感神経を刺激して代謝を上げることが出来ます。また、カレーに含まれているクルクミンには高い抗酸化作用が認められており、摂取することによってアンチエイジングやダイエットに良い影響を与えてくれるとされています。
朝カレーは朝ごはんを食べる習慣がない人にはピンとこないかもしれませんが、交感神経のスイッチをいれて脳や内臓の働きを活性化させるのには良い食べ物と言えそうです。
朝カレーを作るのが面倒ならば、レトルトのものを利用しても良いでしょう。
ダイエットというと色々な情報が飛び交っていますが、高度肥満の場合にはオルリスタットという肥満治療薬が使われることもあります。オルリスタットはカロリーカット系の薬で、食べた脂肪分のうち30%を吸収させずにそのまま排出させる作用があります。
というと気になるのは、脂肪の吸収以外の要素はないのか、ということです。
結論からいうと、オルリスタットは脂肪吸収阻害以外の効果はありません。なので、糖質のカロリーは通常通りプラスされてしまいますし、脂肪が燃焼しやすくなったり、食欲が抑えられる効果も期待出来ません。
その点をカバーしているのがオキシレックスというサプリメントで、オルリスタットと違って医薬品ではなくサプリメント(健康食品)に分類されています。オキシレックスはカロリーカット、燃焼、食欲抑制の3要素を持っているサプリメントなので、それぞれの目的に合わせて使い分けなくても良いという点が便利です。
オキシレックスは脂肪に関してはオルリスタットほどの効果は期待出来ないかもしれませんが、幅広いダイエット効果を期待したいという人には向いています。