オルリスタットでスリムに変身

健康的に痩せるためのオルリスタットと和食の活用

せっかく痩せても、不健康に痩せてしまっては幸せにはなりません。
そもそも何のためのダイエットだったかを考えてみれば、不健康な痩せ方は意味がないことに気づくはずです。
健康にダイエットを進めるには、栄養を摂りつつもカロリーを抑える必要があります。そのために活用したいのが和食です。日本の文化が詰まった食事と言えますが、最近では加工食品やインスタント食品の便利さに押されて摂取する機会が少なくなっている人もいます。
忙しいから手のかかる和食は無理と思うかもしれませんが、最近ではレトルトやコンビニ弁当などでも和食の食材を入れたものは増えています。現在は健康ブームですから、どこのメーカーもヘルシー志向を考えながらメニューを考えているからです。
もし時間がないならば、コンビニ弁当では洋食よりも和食を選ぶようにする、お惣菜もできるだけ和のものを買うようにする、などすると良いでしょう。
必ずしも自宅で素材から手作りしなくても、これならば続けやすいです。
どうしても脂っこいものがやめられないという人は、オルリスタットという肥満治療薬を使うのもひとつの方法です。オルリスタットは脂肪分解酵素リパーゼの働きを阻害することで、体に脂肪が吸収できるサイズまで分解させるのを防ぎます。多少荒療治ですが、脂っこいものをどか食いしてしまった時に使ってみると良いでしょう。
オルリスタットを使うメリットは、脂肪分のカロリーを減らすだけではありません。どか食いしてしまうと、せっかくダイエットを継続できていたとしても、「失敗だ」という気持ちになってその後のダイエットが続かなくなってしまう可能性が高いですが、オルリスタットで罪悪感をとることでどか食い後の罪悪感を感じなくさせることが出来ます。